Indefinitely.2017年01月09日

こんにちは
刺繍をしておりませんでしたので、
更新のしようもありませんでした。

夏前にお預かりした黄色い風船を持ったジョイの薬袋の修理を、
ようやく歳末に手掛けてお客様のお返しできた、
そんなありさまです。


刺繍糸は仕舞ったままで、
歳末恒例の整理もせずじまいでした。


* * *
元気にしています。
勤め先の人達が風邪や
ウィルス性の腸炎や肺炎でどんどこ倒れて
入院するほど悪くされた方もひとりふたりいたというのに、
ひとりピンシャンし続けていました。


* *
刺繍が止まっていた理由を書かせていただきますと、
詳細は省きますが刺繍をする環境が整わないゆえ、です。


* * *
数ヶ月、刺繍から離れて泣き続けていたら、
涙が枯れる、というのってこういう感じか、と、
胸が痛いばかりで、いよいよからっぽになりました。

さらっぴん。
さあ、ここから先は根性論。

多分わたしは刺繍をするので、
そうしたら、またブログに画像をアップします。
花だの粘土だのではなく、ちゃんと新しい刺繍を。

いつ針と糸を持つのか、というとまったく目処が立っていませんし、
2月半ば以降、勤め先が爆発的に忙しくなることがほぼ確定しているので、
いつなのか、どうなるのかを定めることも、
見極めることすらもできないのですけれど。

* * *
今日のブログのタイトルに使った
Indefinitelyという単語は、
映画「ノッティングヒルの恋人」における
ジュリア・ロバーツのせりふからもらってきました。

“ Indefinitely ”の意味は二つあって、

1.無期限に あるいは、いつまでも続く
2.漠然と 不明確に

です。
刺繍はいつまでも続けます。
でも、今はとっても漠然としたことしか言えません。

Indefinitely、今にぴったり。

ただ、映画の中で使われていた意味は、
大きく括ると、“ Yes ” なので、
ここに、明るい気分を置かせておいてください。

では!